Reversed City


欲望表出都市 — AIにより管理されたインフラシステムを完成させた人間は、労働から解放され、欲望を満たすための移動を繰り返す放浪の民となる。
人々は、何人にも侵されない自分の領域 <リビング・ポッド> を獲得し、この中で生きていくために必要な資源はすべて供給される。
<リビング・ポッド> は、同じ欲望を持つ他者を感知する移動装置でもある。個人を越えた欲望はポッドの外に出ることで満たされる。
食料の生産やインフラの建設はAIの管理する <ドローン> により自動で行われていく。一時的な拠り所となる <ツリー> で、<リビング・ポッド> は補給を受けること
ができ、また同じ欲望を持つ人々が集まることで、欲望の共有・消費が行われる。
欲望を解放した人間は、結局は管理されたシステムの中で生きていることに気づかない。
-
Reversed City depicts a possibility of an AI-oriented future world. People who has accomplished to establish the automated infrastructure and manufacturing system by AI, will therefore be emancipated from the daily labor. As the result, human beings became a wanderer of instinctive desires. Each individual acquired a dedicated absolute space called “living pod” which can detect other’s desire and fly close to ones in common desire. An artificial structure “tree” will be a temporary nesting place for living pods where they can get supplementation. Because of the detection, the living pods that has similar desires will gather around a same tree, and the desire will be shared and consumed. People who has released their underlying desires do not realize that they are still the under the control of the supervised system.


Work with Hiroko Imanishi